ブログ|大門・芝公園・浜松町駅で歯科・歯医者をお探しの方は、ヴィオラデンタルクリニックまで

診療時間
10:00~20:00

:10:00~20:00
:10:00~18:00
:9:00~13:00
休診日:祝日

※ビルのセキュリティのため、日曜日は1階入口にオートロックを施錠しております。
1階入り口にインターホンがございますので、お呼びいただけましたら、スタッフが解錠しにまいります。

tel.03-3455-6435

〒105-0014
東京都港区芝2丁目2-15
芝ヒロセビル3F

  • 予約制
  • 各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

スーパーポリリンホワイトニング体験会のお知らせ(6/20~7/14)

2019年6月12日(水)

ホワイトニング体験会のお知らせです!

6月20日~7月14日の期間、スーパーポリリンホワイトニングの体験会を実施します!

ぜひ、この機会に白い歯にしてみませんか?

お待ちしております!

WEBからもご予約できますよ~

 

保隙装置ってどんな時に使うの?

2019年6月4日(火)

皆さんこんにちは。

ヴィオラデンタルクリニックです。

 

小児歯科では、「保隙装置(ほげきそうち)」と呼ばれるものを治療の過程で使用することがあります。

 

なんだかあまり聞き慣れない言葉だけに、その用途や適応症などがイメージしにくいことかと思います。

 

そこで今回は、小児歯科治療で使う機会がある保隙装置について詳しく解説します。

 

すき間を維持するための装置

保隙(ほげき)とは、「すき間を保つ」という意味の単語で、歯科ではよく用いられますが、日常的にはあまり使われませんよね。

 

基本的には、永久歯がきれいに並ぶためのスペース確保に用いられます。

 

保隙装置の適応症

保隙装置は、乳歯が早期に脱落した際に活用されます。

 

例えば、永久歯の前歯が生えてくるまで、まだ1年以上期間があるにも関わらず、乳歯の前歯が抜けてしまったら、それまでの期間、保隙を行う必要がでてきます。

 

もしも保隙を行わず、そのまま放置すると、乳歯の脱落によって生じたすき間が両隣の歯によって埋められてしまい、永久歯が生えてくるためのスペースも失われるのです。

 

その結果生じるのが乱ぐい歯や出っ歯などの歯列不正ですね。

 

装着感は悪くない?

保隙装置は、あくまで歯を喪失した部分に装着する装置なので、一般的な矯正装置のように大型ではありません。

 

異物感や違和感なども装着後しばらく経てば、気にならなくなりますのでご安心ください。

 

保隙装置が故障したり、外れたりした場合は、修理等が必要となりますので、できるだけ早くご来院ください。

 

不具合が生じたまま使用を続けると、かえって悪影響が生じてしまうこともありますので、ご注意ください。

 

まとめ

このように、乳歯が早い時期に抜け落ちてしまった場合は、次の永久歯が生えてくるまでの間に保隙が必要となることが多いです。

 

ただ、乳歯の抜け落ちる順番や正常な時期というのは、患者さまご自身で判断するのは難しいかと思われますので、不安を感じたらとりあえず当院までご相談ください。

 

お子さまのお口の中を見せていただき、乳歯が正常に生えてきているか、永久歯との交換は順調か、といった点をしっかりと診断いたします。

 

ヴィオラデンタルクリニック

医院名 ヴィオラデンタルクリニック
院長 藤本 まゆみ
住所 105-0014
東京都港区芝2丁目2-15 芝ヒロセビル3F
電話番号 03-3455-6435
URL
診療内容 むし歯、歯周病、入れ歯(義歯)、予防・クリーニング、口腔外科、小児歯科、セラミック治療、ホワイトニングなど
概要 JR山手線・京浜東北線浜松町駅徒歩7分、都営三田線芝公園駅・都営浅草線大門駅各徒歩8分の歯科医院です。地域の皆様がいつでも通いやすく、何でも相談しやすい歯科医院をめざしております。平日の月曜日・木曜日は夜20時まで、土日も診療を行っています。

子どもの歯の異常は小児歯科に相談

2019年5月28日(火)

皆さんこんにちは。

ヴィオラデンタルクリニックです。

 

大人になってからの歯の異常といえば、虫歯ですよね。

 

それ以外で歯の異常に悩まされることはあまりないと思うのですが、お子さまの場合は少し異なります。

 

なぜなら、お子さまの場合は、乳歯が生えてきたり、それらが永久歯と生え変わったりするなど、発育が進むとともにいろいろな変化が見られるからです。

 

そこで今回は、お子さまの歯の異常で、小児歯科を受診すべきケースをいくつかご紹介します。

 

歯が生えてこない

小さなお子さまがいらっしゃる親御さまで、まず心配になるのが「歯が生えてこない」という異常ですよね。

 

いつまで経ってもはじめの乳歯が生えてこないため、小児歯科を受診しようか迷っている方も少なくないかと思います。

 

そこでまず、最初の乳歯が生えてくる時期を大まかに知っておきましょう。

 

一番はじめに生えてくる乳歯は、下の前歯で早ければ生後半年くらいで萌出が始まります。

 

それが1歳半を過ぎても一向に生えてこない場合は、何らかの異常があるかもしれませんので、当院の小児歯科までご相談ください。

 

1歳前後であれば、まだまだ正常の範囲内であるため、不安に感じることはありません。

 

生まれた時から歯が生えている

お母さまのお腹の中から出てきた時点で、歯が生えているケースもあります。

 

これを「先天歯(せんてんし)」といいます。

 

先天歯は、トラブルの元になっていなければ経過観察しても良いですし、過剰歯で邪魔になるようであれば抜歯することもあります。

 

先天歯への対応はケースバイケースとなりますので、お困りの際は当院の小児歯科までお越しください。

 

乳歯がすぐに抜けてしまった

せっかく生えてきた乳歯が適切な時期より早く抜けてしまうと、次に生えてくる永久歯に悪影響が生じることがあります。

 

具体的には、乳歯の抜けたスペースが閉ざされ、永久歯の生えてくる余地がなくなってしまうトラブルです。

 

小児歯科では、そうした事態を避けるために、保隙装置などを活用して、スペースの閉鎖を防ぐことがあります。

 

また、乳歯が早期に脱落すると、永久歯への適切な刺激が加わらなくなり、いつまで経っても生えてこないというトラブルも生じ得ますので要注意です。

 

まとめ

このように、子どもの歯の異常は、先天歯や萌出遅延、早期脱落など、非常に多岐にわたるため、何らかの異常が気になったら、すぐに当院の小児歯科までお越しください。

 

発育途上のお子さまだけに、処置を施すのであれば早期に越したことはありません。

 

ヴィオラデンタルクリニック

医院名 ヴィオラデンタルクリニック
院長 藤本 まゆみ
住所 105-0014
東京都港区芝2丁目2-15 芝ヒロセビル3F
電話番号 03-3455-6435
URL
診療内容 むし歯、歯周病、入れ歯(義歯)、予防・クリーニング、口腔外科、小児歯科、セラミック治療、ホワイトニングなど
概要 JR山手線・京浜東北線浜松町駅徒歩7分、都営三田線芝公園駅・都営浅草線大門駅各徒歩8分の歯科医院です。地域の皆様がいつでも通いやすく、何でも相談しやすい歯科医院をめざしております。平日の月曜日・木曜日は夜20時まで、土日も診療を行っています。

歯茎の異常は歯周病のサイン

2019年5月18日(土)

皆さんこんにちは。

ヴィオラデンタルクリニックです。

 

皆さんは、普段から自分の歯茎を観察する習慣がありますか?

 

おそらく、お口の中をチェックする機会というのは、起床時や就寝前の歯磨きの際かと思いますが、いずれにせよ歯だけでなく歯茎までしっかりと観察している人は少ないことかと思います。

 

けれども、歯茎の異常は、歯周病のサインともいえるので、可能な限り毎日観察しましょう。

 

まずは歯茎の正常な状態を知る

歯茎の異常をいち早く察知するには、正常な状態を知っておかなければなりません。

 

歯茎というのは、一度しっかりと観察してみるとわかりますが、人ぞれぞれで色や形態などが大きく異なります

 

それは血管が多く分布しているところと、そうでないところでも違いが見られるため、本当は異常なのに正常と思い込んでしまうことも多々あることでしょう。

 

歯茎の腫れや出血は歯周病を疑う

歯茎には、いろいろな異常が生じますが、歯茎が広い範囲で赤く腫れていたり歯磨きをした後に出血が認められたりする場合は、歯周病にかかっている可能性が高いです。

 

また、歯茎が全体的に下がっている場合も、歯周病が疑われますので、早急に当院までご相談ください。

 

歯周病にかかると、まずは歯茎に異常が現れるため、受診が早ければ早期治療も可能となります。

 

歯茎にできる口内炎は?

口内炎は、お口のいろいろな部位に生じますが、場合によっては歯茎にも認められます。

 

そうした歯茎の口内炎は、何らかの刺激が歯茎へと加わり、傷が生じ、そこから細菌感染を起こすなどの原因が考えられますが、背景に歯周病があることも珍しくありません。

 

なぜなら、歯周病にかかると歯茎の細胞や組織が弱ってしまうため、細菌や真菌への感染も起こりやすくなるからです。

 

まとめ

このように、歯茎に異常が認められたら、それは歯周病のサインかもしれません。普段から歯茎を観察し、正常な歯茎の状態を把握した上で、何らかの異常に気付いたら、ぜひ当院までお越しください。

 

歯茎に生じた異常を正確に診断し、解決法もご提示いたします。

 

ヴィオラデンタルクリニック

医院名 ヴィオラデンタルクリニック
院長 藤本 まゆみ
住所 105-0014
東京都港区芝2丁目2-15 芝ヒロセビル3F
電話番号 03-3455-6435
URL
診療内容 むし歯、歯周病、入れ歯(義歯)、予防・クリーニング、口腔外科、小児歯科、セラミック治療、ホワイトニングなど
概要 JR山手線・京浜東北線浜松町駅徒歩7分、都営三田線芝公園駅・都営浅草線大門駅各徒歩8分の歯科医院です。地域の皆様がいつでも通いやすく、何でも相談しやすい歯科医院をめざしております。平日の月曜日・木曜日は夜20時まで、土日も診療を行っています。

歯周病で顎の骨が溶けるのはなぜ?

2019年5月9日(木)

皆さんこんにちは。

ヴィオラデンタルクリニックです。

 

歯科医院で歯周病の説明を受ける際、顎の骨が「溶ける」あるいは「吸収される」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

 

一般の方からすると、こういった表現はなかなか理解しにくいですよね。

 

虫歯と同じように細菌によって溶かされるのかと勘違いされる方もいらっしゃいます。

 

そこで今回は、歯周病で顎の骨が溶けるメカニズムについて、わかりやすく解説します。

 

歯周病菌は炎症を引き起こすだけ

歯の表面に歯垢や歯石が形成されて、歯周病菌が繁殖すると、私たちの体は防御反応を示します。

 

具体的には、歯垢や歯石のすぐ近くにある歯茎に白血球などの免疫細胞が集まって、細菌を攻撃し始めるのです。

 

その結果、歯茎に炎症が引き起こされます。

 

これが歯周病によって生じる歯茎の腫れや出血の原因です。

 

重症化すると顎の骨にも炎症が広がる

歯周病が重症化すると、歯茎で生じた炎症がさらに奥深くにある歯槽骨にまで広がっていきます。

 

歯槽骨とは、歯を支えている顎の骨ですね。

 

この状態を歯周炎と呼び、いよいよ顎の骨が溶けるという現象が現れてくるのです。

 

炎症が長く続くと歯茎や骨は吸収される

重度の歯周病を患っている患者さんは、歯茎が短くなっていたり、歯槽骨が低くなっていたりします。

 

これは、長引く炎症反応によって歯茎や骨の細胞が破壊され、再生されなくなった結果です。

 

つまり、歯茎や骨は歯周病菌が産生した何かによって溶かされるのではなく、炎症反応の持続によって壊されてしまったといった方が適切かと思います。

 

そういう意味で、歯周病というのは重症化する前にきちんと治療を受けることが何よりも重要といえます。

 

まとめ

このように、歯周病で顎の骨が溶けるのは、長引く炎症反応が原因です。

 

一度破壊されてしまった顎骨は、そう簡単に再生されないので、できれば早期に治療を受けましょう。

 

もちろん、すでに進行してしまった歯周病でも治療は行えますので、歯周病にお悩みの方はお気軽に当院までお越しください。

 

ヴィオラデンタルクリニック

医院名 ヴィオラデンタルクリニック
院長 藤本 まゆみ
住所 105-0014
東京都港区芝2丁目2-15 芝ヒロセビル3F
電話番号 03-3455-6435
URL
診療内容 むし歯、歯周病、入れ歯(義歯)、予防・クリーニング、口腔外科、小児歯科、セラミック治療、ホワイトニングなど
概要 JR山手線・京浜東北線浜松町駅徒歩7分、都営三田線芝公園駅・都営浅草線大門駅各徒歩8分の歯科医院です。地域の皆様がいつでも通いやすく、何でも相談しやすい歯科医院をめざしております。平日の月曜日・木曜日は夜20時まで、土日も診療を行っています。
1 2 3